ビル猫から家猫になるまで・・・

エグゼは本当のお家へ行きました。皆様ありがとうございました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

皆さんに大事なお知らせです。

26日(日)にエグゼが天国へ行きました。

実は今月中旬くらいからご飯を食べなくなり、通院していましたが、
先週、肺に腫瘍がいくつもあることがわかりました。
先生からも長くて2ヶ月という余命宣告でした。
その突然の知らせを聞いてまだ動揺が冷めぬうちにエグゼは旅立ちました。

抗ガン剤治療中だったのですが、
病院で飼い主さんに抱かれながら天国へ行きました。

その日は日曜日ということもあって、
病院へ行くときにS様のご主人や息子さんからも声をかけてもらって出かけたそうです。

やはり外猫でしたので、
今まで調子が悪いときもあったでしょう・・・

普通の家猫よりも寿命は短かったけど、なな猫さん宅でたくさんの猫仲間に囲まれて、
Sさん宅で川の字になって寝るほど可愛がられて、
Sさんに抱かれながら最期を迎えられて、エグゼは幸せだったと思います。

昨年のエグゼをどうにかしなきゃ、という件がなく、
この寿命が変えることが出来ないものだとしたら、
具合が悪いことや食べないことも誰も気がつかずに
孤独に亡くなっていたかもしれませんし、もっと寿命が早く来ていたかもしれません。

なな猫さん、そしてSさん、
早くお別れが来てしまいましたが、
本当にありがとうございました。
保護前、そして保護後もお世話になりましたフロントのMさん、Fさん、
ありがとうございました。

そして、寄付をしていただいた皆さん、
ありがとうございました。
なな猫さん宅にいるときにこの事が発覚したら、寄付金はエグゼの抗ガン剤治療に使っていました。
そして、先週Sさんから腫瘍があることの知らせを聞き、
来月になな猫さんへ寄付する物資購入分しか残ってないけど、
それでもSさんに足しにしてもらおうかと思っていました。
Sさんも金銭的には大変だけど、やれることはやりますとおっしゃっていました。

でもエグゼはすぐに旅立ちました。
格好いい生き様です。
あぁ、他の猫のために使ってくれって事なのね、と。

エグゼを気にしてメッセージくださった皆さんもありがとうございました。

m(_ _)m
soto.jpg

hogositahi.jpg

hogobaghouse.jpg

エグゼアップ

hanami.jpg

exe06.jpg

早々にメッセージ頂いた方、ありがとうございます。
余命宣告の衝撃がおさまらないままでしたので
気持ちが落ち着きましたらお返事いたします。
(すぐにはお返事できませんが、必ずお返事いたしますので・・・)
スポンサーサイト
  1. 2009/07/29(水) 00:07:46|
  2. エグゼについて
  3. | コメント:5
<<エグゼの宿題 | ホーム | 猫砂>>

コメント

ありがとうございました

エグゼに仲良くしてもらっていた者です。
ある日会いに行ったらメモが置いてあってこのブログのアドレスが書いてありました。
それから時々覗いては元気な様子を見て喜んでいました。
エグゼは最後はやっと家猫になれて幸せだったと思います。
いろいろありがとうございました。
エグゼは誰にも優しくてほんとによい猫でした。
お昼休みにはエグゼ参りの人々が並ぶほど人気者でした。
エグゼに毎日会ってどれほど癒されたかしれません。
今度は天国でみんなを見守ってください。
ありがとうエグゼ。
  1. URL |
  2. 2009/07/29(水) 12:25:02 |
  3. K-ko #SmPgpQnY
  4. [ 編集 ]

エグゼからのメッセージ

エグゼが旅立った翌日、七色に輝く虹を見ました。
それは、それは、とてもきれいな虹で、まるで、エグゼが天国から手を振っているような感じに思いました。
きっと、愛してくれたみんなへのメッセージだったのではないでしょうか?
彼女は「ありがとう。みんな元気でね!!」と、言っていたのではないかと思います。
ビル猫として生まれ、家猫として生涯を閉じるまで、彼女は数多くの人から愛されてきました。彼女がこの世にいないのは、とても悲しいけれど、shibakoさんをはじめ、なな猫さん、そして、最期を看取ってくれたSさん、それから彼女を愛してくれた皆さんに感謝して、天国への階段を上って行ったことでしょう。
どうか、お願いです。
都会のビルの片隅に、エグゼと名づけられた一匹の猫がいたことを、みなさんも、この先ずっと忘れないでください。
そして、エグゼのような捨て猫を、これ以上増やさないでください。
これから、私達人間は、命の大切さを多くの人に伝えていかなければなりません。
彼女の生きた証として・・・。
  1. URL |
  2. 2009/07/29(水) 14:20:31 |
  3. フロントM #-
  4. [ 編集 ]

K-ko様
幸せな最期だったと私も思います。
ただ、エグゼがもう少し若い時に今回の件があれば・・・
それが悔しいです。
どこかで飼い主のいないかわいい猫と出会ったら
どうかエグゼを思い出してください。
里親が探せそうなら探してほしいなと思います。。

フロントM様
皆に可愛がられていてもやはり外生活は
知らずに病魔が襲っている可能性があること、
そう考えると、飼い主になってくれる人がいるなら
飼った方がいいのですよね。
野生動物ではないのだから・・・。

エグゼの事から考えさせられることがたくさんありますね。。
  1. URL |
  2. 2009/08/08(土) 10:12:58 |
  3. shibako #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

優しかったエグゼの思い出

初めて書き込みいたします。

忙しかったこともあり、久々にこちらを拝見させて頂きました。
トップページから入らなかったので、エグゼが優しい飼い主さんの元へもらわれていったことを知り、本当に良かった!と嬉しい気持ちで一杯になりました。
ところが、その後を読んでいくと、エグゼが天国へ旅立った…ことを知り、ショックで胸がつまりました。

まだエグゼがエグゼクティブタワーの前にいた頃、帰り道にいたエグゼがちょこんと可愛らしく座っていたり、抱き上げて撫ぜたり、話し掛けたり…人懐っこく、優しく、可愛らしいエグゼに癒され、元気をもらい、顔が見えないと心配したり…と、たくさんの思い出がよみがえってきます。勝手に私はべるちゃんと呼んでいました。
携帯にはエグゼが寝そべっている姿や、籠の中で寝ている姿、あくびをしている画像が残っていて…元気なエグゼがまだいるような気がします。エグゼは優しい猫でしたよね。
或る日の夜、11時ごろでしたが、エグゼにねこ缶をあげにいらした方とお会いして、エグゼのお話をしたこともありました。

shibakoさん、なな猫さん、Sさん、本当にありがとうございました。
エグゼはみんなに愛され、優しい方々に見守られて、幸せな猫だっただったと思います。

エグゼ…いつも抱っこさせてくれて本当にありがとう。
通りかかると、にゃーって鳴いてくれてありがとう。
たくさんの優しい思い出を本当にありがとう。
天国でもみんなに愛されて、幸せでいてね。

  1. URL |
  2. 2009/10/27(火) 16:16:41 |
  3. ベルちゃん #-
  4. [ 編集 ]

Re: 優しかったエグゼの思い出

ベルちゃんさん、
コメントありがとうございます。

たくさんの腫瘍があったそうなので、
みんなに挨拶したりすり寄ってきてくれたりしながらも
苦しいときがあったのかもしれません。
でもたくさんの人に可愛がられたから
エグゼも元気な姿を見せてくれていたのかなと思います☆

なな猫さん宅でお世話になった当初は、
私がお伺いするとエグゼは
「私はここのうちの子よ」と言わんばかりに冷たかったのですが(苦笑)、
ある期間過ぎると(私が来るだけだとわかると)、
寝ていたとしても必ず1度挨拶に来てくれたことを思い出します。
まるで「連れてきてくれてありがとう」と言っているようでした。

時間が経っても皆さんが思いだしてくれることを
天国で喜んでいるのではと思います。
ありがとうございます☆
  1. URL |
  2. 2009/10/27(火) 17:21:27 |
  3. shibako #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

shibako

Author:shibako
エグゼが里親様のお宅へ行くのと同じ頃に関わり始めた痩せた猫が
保護翌日に出産しました。
この親子の里親が見つかるまで、
よかったらお付き合いください・・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

里親募集 (22)
エグゼについて (39)
御礼 (8)

フリーエリア

映画「犬と猫と人間と

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。